狭く屈折あり

【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | posted by スポンサードリンク |
    【 メガドライブ生誕20周年! 】
    もう大分過ぎてしまいましたが、先月10月29日はメガドライブの発売から数えて
    20周年目の記念すべき日だったようです。

    ボクにとってもっとも思い出深いハード、メガドライブ。
    ボクにとってもっとも素晴らしいハード、メガドライブ。

    このハードはボクが小学校四年生のときに購入しました。
    当時から何故かアウトローな気質をもっていたボクは(レンジャーごっこでは何故か進んで死体役をやりたがったりした)、当時めちゃくちゃ流行っていたスーパーファミコンをスルーして、中古でメガドライブを購入。
    今でも、あのトキメキは忘れません。
    親父の車中、近所のスーパーの駐車場で箱をあけて、薄暗くて見えなかったけど、発狂しそうなくらいうれしかった。
    よだれたらして、セッティングした。
    亡者のように、プレイした。


    そして、同じくマニアックな友人とともに(マニアックな奴にはマニアックな友達が集まるものだ)、ソニックやベアナックルやゴールデンアックスをプレイしながら協力プレイで友情を築いたり、後ろからバットで殴って喧嘩したりしたものでした。


    たぶん、ボクの人格の一部分であるといっても過言ではないだろう。
    ボクのひねくれた性格を完成させてくれたのがメガドライブだ。




    そのハードの発売から20周年。
    ほんと感慨深いです。
    今宵はメガドライブと、その思い出たちと乾杯します。
    もう、遠い昔の夢になってしまった、日本中の子供たちのトキメキに思いを馳せて。


    ↑かっこよすぎるMDの写真

    ■メガドライブ (米国名 Genesis)
    メーカー:セガ・エンタープライゼス
    発売日:1988年10月29日
    価格:21000円
    同時発売タイトル:「スーパーサンダーブレード」、「スペースハリアーII」
    気になる人はここをみてみよう!
    http://sega.jp/archive/segahard/md/
    0
      | IT/ゲーム | comments(2) | posted by curlcord |
      【 treasure box 】
      最近フリーゲームに凝っています。
      フリーといっても、正規版よりよっぽど内容の濃いものがたくさんあります。
      やったうちでそのいくつかを紹介します。

      「treasure box」


      http://www.senggeng.com/wada/compe/index.html

      簡単なブラウザーゲーム。
      妖しい箇所をクリックすると、次々とアクションが起る。
      それを利用して、赤い玉をどんどん運んでいこう。
      絵がなんともセンスある!新しい表現の形です。
      何度も遊べないが、1プレイ10‐20分と短いので、ぜひ。
      手軽に、女の子も、ゲームやったことのない人も楽しめます。


      「洞窟物語」


      http://www.vector.co.jp/games/review/1059/1059.html
      横スクロールの大傑作!
      マリオとか、ロックマン世代の人は是非やって!
      音楽もすばらしく、マップやイベントの作りこみ、またアイテムの成長感など男の子の心を間違いなくくすぐる作品。
      ただし、ゲームパッドがないとプレイは厳しいかも。


      「Erinyes」


      http://hp.vector.co.jp/authors/VA018423/erinyes/index.html


      なかなか完成度の高い、サウンドノベルアドベンチャー。
      設定にトンデモな部分があるけど、総じて楽しめる面白い作品。


      「ゾウディアック2」


      http://www.zodiac-series.com/

      唐突に放り込まれる物語に、自分を馴染ませるまでそう時間はかからない。
      このゲームにはどちらかというと論理学のように、一つ一つ謎をといていく愉しさがある。
      シナリオも、適度におぞましく、僕は好き。
      攻略サイトを見ないとクリアできなかった。こういうのが得意な人は是非。
      かまいたちの夜にバイオが混じった感じ。


      「1999ChristmasEve」


      http://www.download.co.jp/game/advgame/a0000000111/

       wikiより引用「クリスマスイブを予約していた宿へ向かう車内で過ごしていた主人公とパートナー。車内にBGMを流そうとするが、ラジオからは御経の様な不気味な声が聞こえてきて、突然、車のエンジンが止まり、掛からなくなってしまう。原因を調べようとエンジンルームを見てみると、中から謎の目玉がこちらを覗いていた。車から降りた二人は、教会のものと思われる鐘の音を耳にする。教会で電話を借りて助けを呼ぼうと、鐘の音が聞こえた方へ向かうが、そこで二人を待ち受けていたのは…!!」
      楽しかった。
      シナリオもしっかりしているし、あきさせないですよ。
      ただこれも攻略サイトみなきゃクリアはシビアでしょう。




      と、まあタダでかなり暇はつぶせるもんです。
      是非、気になった人はやってみてください。
      一緒に攻略しよー!(今は攻略しても話す人がいない…。w)

      いまからゾウディアックの1をやってみようと思う。





      0
        | IT/ゲーム | comments(0) | posted by curlcord |
        【 写真をコラージュして遊ぶ 】
        今日は独断と偏見で選ぶ、最近のオススメサイト&フリーソフトをご紹介します。
        ネット詳しいひとなら、みんな知ってるかもしれないですけどね〜

        .潺シーグラフ
        ミクシーやっている人はぜひ使ってみてください。
        mixiGraphは、mixiのマイミクシィ一覧を辿り、関係図を作って表示するソフトウェアです。
        一覧になっているとなんか壮観。
        自分の友達がこんな感じに広がっているんだなあと実感する。
        友人関係の鳥瞰図。
        現在のmixiの仕様ではマイミクシィ一覧(list_friend.pl)にアクセスしても「足あと」は残らないようです。
        写真をダブルクリックして辿るだけなら「足あと」を残さず関係を調べる事ができるところも味噌。
        http://www.fmp.jp/~sugimoto/mixiGraph/

        ∩襪療
        いわずもがな、フリーソフトがやまほどダウンロードできるサイト。
        Windows用オンラインソフトを紹介するサイト。
        オンラインソフトの質を重視しており、窓の杜編集部にて収録ソフトを選定し、収録が決定したソフトについて“ソフト収録の許諾をお願いするメール”を送信する形を取っている為、収録ソフトの募集は行っていないようです。故に、同じオンラインソフト配布サイトVectorに比べると掲載ソフトの点数は格段に少ないですが、質はいいです。
        きっとほしいソフトがみつかるはず
        http://www.forest.impress.co.jp/

        オープンオフィス
        馬鹿みたいに高い、マイクロソフトのオフィスソフト。
        これ、すごいことにほどんど同じ性能をもっているのに、無料です。
        しかも互換性が優れていて、拡張子をかえれば本家のアプリでも稼動します。
        オフィスや家庭でよくつかうワープロや表計算などをひとつにまとめたソフトです。
        働いてる人。必見です。
        パワポを高い金だして買うなら、これダウンロードして、家でまったり仕事しましょう。
        http://oooug.jp/start/

        つ砲ぅ縫紂璽
        2ちゃん系ブログのなかでも更新速度、内容的にもオススメできるもののひとつです。
        新聞・TVになかなかでてこない情報を入手できる上、オピニオンがどんなことを考えているかがわかり、しかも笑えるお得なサイト。
        ここのリンクから飛んでいけば、いろんな面白いサイトがあります。
        2ちゃんという文化に精通できること間違いなし。
        http://blog.livedoor.jp/dqnplus/

        PictBear
        http://sleipnir.pos.to/software/pictbear/
        PictBearはフルカラーのペイントソフトウェアです。
        以下の特徴があります。
        豊富な描画ツールを使うことができる。
        プラグインとしてフィルタを提供しているので、追加ができる。
        マスクで画像の一部を保護できる。
        Windows 標準の使い易いユーザーインターフェイスである。
        本格的なレイヤーを搭載している。
        スクリプトにより各種操作ができる。
        フリーソフトとして公開しているので誰でも自由に使用できる。

        要は、よくできたフォトショップです。
        本家も会社ではもっているのですが、フリーのソフトではこれが一番近いような気がします。
        アドビも今度からフリーのアプリを公開するらしいのですが、それまではこれで代用しましょう。
        正規版が10万以上する鬼のような値段なので・・・。


        これを使っていろいろあそんでみました。
        たとえばこの卒業式のありふれたワンシーンも




        これが




        こうなります。

        そして、このありふれたメガネも



















        こうなります。
        こころなしかかっこいいですね。




        最後にこの悪い人も




        より一層悪くなります。


















        かっこいいですね。

        またいろいろ遊んだ結果は発表します。

        たのしいですね〜。


        これらのサイトは面白いので、ぜひみなさん活用してみてくださいね!

        それではまた。
        お元気で。


        0
          | IT/ゲーム | comments(6) | posted by curlcord |
          【 男の子の仕事 】
           そんな中、僕が最もはまったソフトを紹介しよう(以下、かなり気持ち悪く、理解しがたい話になるので興味ない方は読み飛ばして下さい)。
           
           それが3DOから発売された「スターコントロール2」である。
           
           1はメガドライブで、3は日本語版は発売されていない。2がシリーズ上最も評価が高いソフトである。熱狂的ファンを持つアメリカのコンピューターゲーム三部作であり、 1対1の対戦型シューティング要素をベースとし、作品によってストラテジー要素かアドベンチャー要素を含む。2は特にスペースオペラ的な要素を多分に含んでいる。
           ウィキから抜粋すると「プレイヤーはプレカーソルの技術で作られたスターシップ(宇宙船)、Vindicator(日本語版だとKAMUI)の船長Zelnick(日本語版だとISAMU)となり、未知の惑星の探索、異星人との遭遇など、広大な宇宙空間での冒険を行う。 異星人種族との出会いでは、複数の選択肢から1つを選択し、会話を行う。その結果によっては、新たな仲間が増えることも、仲間が敵になることも、襲われることもある。背景設定も膨大な量が追加され、個々の異星人種族も、返答のフォントの違い、思考形態、テーマ曲など、様々な特徴付けがなされている。」のとおり、かなり物語性の高い、アダルト向けのゲームといえる。
           物語の背景がまず、面白い。
           2015年、人類は核戦争の果てに軍縮に同意した。2112年、チェンジス人と呼ばれる宇宙人が、ファーストコンタクトをしてくる。ア・クアンと呼ばれる凶悪な種族と交戦しているらしいのだ。恐ろしい隷従種族ア・クアンはヒエラルヒーという戦闘奴隷種族の組織を作っていた。
           スポックスさん↓
           

           それに対抗し、地球が加わったのが「自由星連合」だ。
           ショウフィックスティ人、チェンジス人、イェハット人、アリロウララーレイ人、マルノマハルモ人らで構成されるそれはヒエラルヒーに対抗する為に戦闘を繰り広げるが、ア・クアンの強力な力の前に跪かなければならなかった。
           地球人は、ア・クアンに戦闘奴隷になるか、永遠にバリアを張られた地球の中に留まり自由を失った奴隷になるか選択を迫られた。
           
           
           地球人は結果、自由を捨てる事を選び、一部の宇宙ステーションに留まる事となった。
           2134年、地球から惑星探査の任務についていたスターコントロールチームは、ジーマン・ベラ星団の中で、古代宇宙種族であるプレカーソル人の遺産を発見。そこで天才的な力を発揮した主人公(プレイヤー)のお陰で、プレカーソル人の遺した強力なスターシップを、手に入れる。
           地球が占領された事を知らない主人公は、バリアを張られた地球に帰り宇宙ステーションにいるキャプテンと話す事でその地球におきた一部始終の顛末をしる事となり、自らが手に入れた強力なスターシップを使ってア・クアン打倒に乗り出すのだった…。

           とゆう序章がつく。

           基本的には地球にあるスペースコロニーと銀河系を行ったり来たりして、惑星を探査し、その資源を用いて、自機や、艦隊を強化する。その過程で出会った宇宙人種族との交易や、同盟、戦争を通じて凶悪種族ア・クアン(実はコーア―という骨壷を抱えたもっと悪い奴がでてくる)と戦うというストーリーだ。
           ところがこの情報量が半端ない。
           恒星群は400以上、惑星は3000個以上、18種族以上の思想の違う宇宙人がいる。これらの選択肢の順序をうっかり間違えてしまうと、クリアに必要なデバイスが手に入らない事もある。しかも3000個ある惑星の探査に時間をかけ過ぎてゲーム内時間の2年が経過すると、自動的に悪い奴が攻めて来て地球を破壊してしまうという設定のシビアさ。結局一回では絶対にクリアできないので、ノートに銀河の座標と惑星の情報を書き留めて、それを二度目三度目に実行する必要がある。
           

           例(あるすばらしいスレットから一部抜粋)
           『イルラスのHW(022.9:366.6)へ行き、Burvix Caster(Umgah Casterでも可)を使用しドーガ&カズンになりすまし、
            新しいイケニエを求めるように命令し、スラダッシュの領域へイルラスを向かわせる。 』
           『Alpha Pavonis(056.2:800.0)に行きア・クアンのドレッドノート戦艦の残骸を発見し、デバイス(Ur-Quan Warp Pod)を入手する。 Gamma Circini(043.7:627.0)付近に、毎月19日に「Unkown」という名前の星系が出現するので、 その近辺で待ち、出たら突入する。 マップ右上の一番大き(613.4:590.0)に入り、アリロウララーレイと会話、デバイス(Portal Spawner)を入手。 』
           
           こうした工程を何度も何度も繰り返さないと、ストーリーの展開がないのだ。
           実はこのゲーム、中学三年生の時に購入したものだった。
          余りにシビアなクリア条件の余り、この八年間何度挑んでもクリアできなかっのだ。
           クリア出来なくてもこのゲームは面白いから、殆どライフワークみたいになって、宇宙に想いを馳せたい時にはいつもこのゲームをやっていた。
           先の記事に書いた「宇宙最後の三分間」に感化された馬鹿な僕は、このソフトをアマゾンで長野県から注文し(元のディスクは何故か不具合で使えなかった)、やっとの思いで手に入れた。このゲームは魔性である。
           クリアに150時間は楽にかかるし、中には中毒性をもつ世界が広がっている。
           会話の選択肢は多岐に渡り、大体いいたい事は入ってるので自分の手で物語を進めている気になる。グラフィックはショボいんだけど、その分をシナリオで十分補っている。
           個性豊かな種族のデザインと設定には人間の想像力の偉大さをすら感じる程だ。余りに深淵過ぎて同人誌を作った方もいるらしい。


           今回言いたいのは、それを私、








           とうとうクリア致しました━━━━━(●´З`●) ━━━━━ゥ!!

           青春を費やして僕は一体何時間やったのか…。
           このゲームは青春にある数多くの心残りの中で実際大きな一部だったのです。


           いや「成し遂げた」俺は「成し遂げた」ぞ。
           男の子の仕事を成し遂げた。
           完璧だ。最強最悪のア・クアンを倒した。チマー船マジつぇぇ!!ショウフィックスティマジよえぇ!!
           3日立った今も興奮覚めやらぬ。本当に久しぶりの恍惚体験やった。
           こんな衝撃が人生に沢山あればいいのに。
           神ゲーは、その自由度と操作性に於いて、小説と漫画を凌駕しうるのだ。

            最近宇宙中毒な私。

           
           
           
          0
            | IT/ゲーム | comments(8) | posted by curlcord |
            【 ゲーム(改定版) 】
             最近余りにも暇だ。
             就職活動も卒論も終え「さあ、最後の休暇を楽しむぞ」と世間は言うけれど、実際対してやる事がない。
             僕はかなり追い詰められないと日常的に自分から「遊ぼう呑もう」とよっぽどの事が無い限り言えない根暗だ。
             海外旅行は大していきたくない。
             自分がいってもあまり意味は無いと思う。
             だったら一冊でも本を買い、ひとりでも多くの杯を交わしたい。
             
             

             …だから必然的にスケジュールにはポツポツと空きが生まれるようになる。
             ひとりで喫茶店に行き、読書をしたり、勉強をしたりするのにも限度がある。
             
             一週間そんな生活をしていたら、まるで浪人生だ。苦行だ。
             
             そこで僕は一週間蟄居してゲームをやる事にした。
             
             まず僕が手をつけたのは「金沢将棋」なる携帯のアプリだ。
             そこには人生に於けるバランス感覚と洞察力や決断力をつけようという魂胆があった。
             結論から言うと、全く勝てない。レベル最弱で飛車角落ちでも勝てない。
             このアプリは僕には洞察力が滑落しているという逆説を、皮肉にも証明する事となった。まあ、某氏に徹夜将棋で二人がかりでも完膚なきまでに叩きのめされた経験を持つ僕としては絶対彼には復讐したいので、頑張りたいと思う。まず「アナグマ」から。まず角が成ったときの駒の動きを覚えるところから。

             そして次はメガドライブというハードにドッキングして使用する伝説のハード、「メガCD」なるハードの「ザ・サード・ワールド・ウォー」というソフトだ。
             これはまあその名のとおり第三次世界大戦をモデルにして作られたストラテジー系シュミレーションゲームだ。
             ジャケットが凄くて
             
             クリントンとフセインが握手している。
             時代を感じますね。

             そこで僕はまずイスラエルを使って、イギリスを空爆、占領。その後アメリカを使用してイスラエルに海兵隊を送り込み、占領。そして使用国を日本に変え、韓国中国を圧倒的な海軍空軍の力で併合。パレスチナと同盟を結び、中東諸国との同盟を強固なものにする。石油を中心とした経済の流れを手中に収め、アメリカのメキシコ湾岸の石油施設を攻撃。弱体化した空軍設備の隙を突いて、アメリカに生物兵器と核兵器を大量に投下して、完膚なきまでに破壊、占領した。途中戦況が悪くなると、米国は同盟を申し入れてきたが、無条件降伏を飲まなかったので、原爆投下を決定した。国連の決議を無視するのもアメリカのやり方だったししかたないべ。
             その後はソ連に対して経済封鎖をかけ、ドイツ・フランスを占領。アフリカ諸国と同盟を結び、資源を得る。再度立ち上がるアメリカ。
             それを、徹底的に破壊し、日本が世界制服を果たした。
              
            PCでは
             
            「エイジ オブ エンパイア II」(ココから体験版ダウンロード出来ます)
             にハマッた。
             体験版を落としたんだけど、この体験版だけで三日は遊べます。無料だし是非やってみて下さい。オンライン対戦も出来るみたいだから、暇な人は戦争しましょう。
             このゲームはリアルタイム ストラテジーといわれ、これは、リアルタイムで進行する戦術・戦略シミュレーション ゲームであり、資源を集め、拠点を作り、産業を興し、街を活性化し、軍を強化し、砲や騎馬部隊を作って、最終的には軍事力などによって敵国を制圧するものを指しています。(エイジオブエンパイアは色んなシリーズが出ているんだけど、うちのパソコンのCPUメモリがなんと32MBなんですよ。あまりにも旧式すぎて最近のゲームは全部インストールした時点でフリーズします。メモリ増設とか簡単にできるのかな。パソコンオンチでやんなちゃう。)
             
             
             このゲームは本と面白い。
             一国一条の主になって、リアルタイムで進行する敵国との戦争を指揮できる。
             ひとりひとりがしっかり動いてる感じだ。例えば死んだらその兵士が朽ち果てていく様まで見える。
             「騎馬部隊」とか男の子の血が騒がないか?
             「銃兵部隊」とか騒がないか?
             俺はトキメキます。

             こういった、戦略ストラテジーゲームは「歴史に介入する意思」をバーチャルのオブラートに包んで、慰めてくれるから良い。
             物語による陶酔を与えてくれるから良い。
             あとは似たようなやつでは「コサックス」ってゆう戦略シュミレーションも面白い。
             こちらもオンライン対戦が可能。敵の生産能力がとても高い為、ちょっと難易度が高めだけど、グラフィックは綺麗。農民がピクミンみたい。
             あとは「アルファケンタウリ
             なる惑星探査ゲーム。これは「シビライぜーション」ってゆう名作ストラテジーソフトをつくった人の惑星探査版なんだけど、宇宙好き、政治好きにはなかなか秀作。でもエイジ〜の方が、体験版が充実している。100ターンじゃクリアはできないなあ。

             
             
             ストラテジー面白いよ。
             擬似人生。
             海外旅行と、ゲームと一体なにが違うんだ?
             実体験って奴は、何故ソコまで価値を高められる?
             ゲームの中での体験は体験と言えないのか??
             何故いつまで経っても僕の中に疚しさが付きまとうのか。
             
             勉強したばっかりの現象学と絡め、考えてみたりした。 
             
             
             
            0
              | IT/ゲーム | comments(2) | posted by curlcord |
              【 伝染 】
              皆さん、
              「spyware」ってご存じですか?
              僕は知りませんでした。

               コンピューターウイルスの一種らしいのですが、その存在を知ってびっくりしました。

               その僕の被害のあらましを紹介します。


               就職情報を集めるためにいろんなサイトにネットサーフィン(死)をしていたら、リンク先になんだか意味不明のアメリカのサイトがあって怪しいと思ってすぐにブラウザを閉じました。
               しかし、その後すぐに再起動がかかり、あれよあれよという間に、次々とウィンドウが開き始めたのです。
               
               どうやら自動的にホームを改変し、リンクを変えてしまうシステムらしいのですが、どのアプリケーションを見ても、そんな項目はありません。
               
               次々と怪しげなアメリカの広告のウィンドウが開き、消しても消してもイタチごっこ…
               
               そんなこんなでどうしようもなくなり、仕方がないので原因をWEBで調べることにしました。
               すると分かったのです。
               
               「spyware」が原因だという事が。

               spywareは、まずブラウザからその使用者のコンピューターに入り込み、その中のデータを自動的に改変するらしいです。
               広告や、表示を出すだけではなく、その使用者のパソコンの中のデータ(たとえば使用状況とかメールの内容とか、住所とか口座番号とかカードの番号とか!)を盗みみて、その内容をspywareの発信主に送信するシステムらしいのです。
               びっくりしました。驚愕しました。
               怖いですね
               嫌ですね

               人間が嫌いになりますね…。

               ちょっとばかし人間不信になりつつも、いい人はいるみたいで、そのspywareを探し出して破壊するソフトを無料で提供しているサイトがあり、僕はそれをダウンロードしました。

              「spypod」
              というらしいです。

              それを使ったら…

              あるわあるわ(笑)

              40個以上
              のspywareが僕のパソコンに進入していました。

              しかしこれは、僕のパソコンに限った事ではなく(エロサイトばかり見ているわけではないので)どうやらウイルスに対してなんの対策もしていない人なら普通の事らしいです。


              ひょっとしたら皆さんのパソコンにもたくさんいるかもしんないっすよ

               侵入者が。

               そしてさらにそれが皆さんの口座番号を外に漏らしているのかも…
               もしよかったらダウンロードしてチェックしてみて下さい。(大量に耳の垢がとれた時みたいな、ご飯のお焦げを一気に食べたみたいな、満足感が得られます。)
               そして僕は人間不信を増してゆきながら、それらを怒りを込めて全部消去しました。

               …しかし、そのもともと僕のパソコンについたspywareは最新式のものだったらしく、頑強にパソコンに寄生したままでした(ここまでの研究で既に徹夜をしている)ままでした。

               ウイルス対策ソフトをいれてなかった落ち度が僕にあるにしろ、なんで6000円もするソフトをかわなきゃならないゆわれがあるでしょうか?

              「ああ」
              と激昂しながらも仕方なく僕はデータのバックアップをとり、すべてのデータをリカバリをかけて消し、すべての行程をやりなおしました。

               たった一個のspywareのせいですべてのデータを消さなきゃならないなんて!!

               おまけに、さらにプリンタのダウンロードがうまくいかず、もう一回リカバリをし、さらにインターネット接続がうまくいかなかったため、もう一回リカバリをかける必要がり、さらにまた不具合が生じた為にもう一回、系四回のリカバリを必要としたのです(ここまでで課程で、僕はすでに18時間はパソコンの前に座っていた)。

              本当に面倒くさい。

              皆さんも気をつけて下さいね。
              不用意にリンクにいかないほがよいですよ(関係ないけどGoogleのアドレスを間違えて「Googkle」といれたらその間違えたサイトからパソコンにウイルスが侵入して全ておしゃかになるらしい)。

              とまあ、まだうちのパソコンはまだ治っていないわけなのですが…
              はあ、凹んだ凹んだ…

              決めた!!

              今日は自分がムカつくので寝る事にする!!

              ↓参考URL
              http://www.geocities.jp/primarystage/spyware.html
              0
                | IT/ゲーム | comments(4) | posted by curlcord |
                selected entries
                categories
                archives
                recent comments
                オススメ本&DVDレビュー
                bookmarks
                profile

                RSSリーダーで購読する