狭く屈折あり

【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | posted by スポンサードリンク |
    【 <何故私に恋人が出来ないのか>の数学的証明 】
    先日、NHKの「数学であらゆる問題を解決する」という美味しんぼ的な番組「頭がしびれるテレビ」で、もてない男(喪男)としては非常に興味を惹かれる学説が紹介されていた。


    地球人と出会う可能性がある地球外文明の数を推測するドレイクの方程式(下記図)


    ソース: http://web1.incl.ne.jp/oyone/keirin/drake.htm


    を使い、自分に彼女ができる確率を導き出した、ロンドン在住の30歳の喪男大学院生ピーター・バッカスさん。(参考: http://www.narinari.com/Nd/20100112912.html


    本記事は、そのバカバカしくもシュールな挑戦に国境を超えた共感を覚えつつ、

    (調べてみても同じ事をしているバカな人がいなかったため)

    これが自分だったらどうなの?という知的好奇心に逆らえず、
    東京の【私】に於けるドレイクの方程式を算出する試みである。





    ドレイクの方程式(彼女算出ver)は、大まかには下記のようなモノだ。


    [彼女となりうる人数]=英国人口60975000×女性比0.51×ロンドン在住率0.13×適齢期(24-34歳)率0.20×大卒率0.26×魅力的率0.05=10510人。

    これが最低限の算定。さらに

    彼女が私を気に入ってくれる率0.05×シングル率0.5×破綻しない率0.1

    で、最終的に26人となり、「ある晩、ロンドンで26人のうちの1人に出会う確率」を計算すると、0.0000034%となる(誰でもいいのであれば0.000087 %)。

     原文ソース(pdf):http://www2.warwick.ac.uk/fac/soc/economics/staff/phd_students/backus/girlfriend/why_i_dont_have_a_girlfriend.pdf

    (参考: http://d.hatena.ne.jp/riocampos/20100118/p1





    【極私的】に解釈しつつ、日本に於ける私に当てはめてみた。
    それが下記である(回答に誤りがある場合はご容赦されたい)。




     ■彼女となりうる人数を求める式■


    日本国総人口:127,450,459×
    ソース:総務省統計局 国勢調査 2012年人口推計
            http://www.stat.go.jp/data/jinsui/

    女性比:0.512×
    ソース:総務省統計局 国勢調査 2012年人口推計
            http://www.stat.go.jp/data/jinsui/

    東京在住率:0.0984×
    ソース:東京都  総務省統計局 国勢調査 2010年人口推計
             http://city.eek.jp/13/

    適齢期(22-32歳:7,771,000名)率:0.11×
    ソース;独立行政法人統計センター 政府統計
            http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001010879


    魅力的率:0.05×
    ソース:このパラメーターは難しく、発案者であるバッカスさんに従った
            (彼も難しいと言っているが、100人に5名なのである程度妥当だろう)
            http://www.narinari.com/Nd/20100112912.html


    ※ちなみにここでバッカスさんは大卒率を考慮に入れていたが、
       私は「大卒であること」は理想的な彼女の条件で無いため除外した。
     

    彼女が私を気に入ってくれる率:0.01×
    ソース:発案者であるイケメンインテリのバッカスさんが5%と設定していたので
            本来自分はもっと低い変数だと思うが、見栄をはって仮に1%と設定した。


    シングル率:0.55×
    ソース:国立社会保障・人口問題研究所 2011年 出生動向基本調査
             http://matometanews.com/archives/1501476.html


    自分と性格が会う確率:0.1×
    ソース:発案者であるバッカスさん10%に対して、コミュ障の私は(見栄をはってかなり多めに見積もって)1%とした。
                 



    以上を計算すると、














    となる。



    このことから、日本全総人口に於ける私の恋人候補は




    2名






    である。
    (かろうじて1名以上になったが、ここに趣味(ゾンビ)が合う確率とか、自分のコミュ障変数とか、おいおい魅力的な子のシングル率がこんな高いわけないだろ変数とか、こんなことをしているやつはそもそもだめだろう変数とか、その他諸々のマイナス変数をかけあわせると更に桁が下がり、小数点に突入し0人に限りなく近くなる)




    全人口に対する2名とは







    0.000003 %である。








    そして、
    更に思考を進めると、この確率は






    500,000 人の人間と出会えば、2人のうちのどちらかに出会える計算である。








    では、その現実性を考えてみると、





    人生の総日数約27,375 日(75年×365日)とし、




    その中から20%(5475日)を恋愛をできる期間として考えた時、





    1日あたり91人と出会わなくては行けない計算となる。
    (限りある休日やアフター5を引きこもって過ごしている場合は更にこの数字は高くなる)





    上記の行動をすることは肉体的・時間的に不可能である。
    よって私には恋人が出来ないのである。






    以上、証明終了。





    上記証明から導き出される推論として、


    「世に遍在する恋愛の圧倒的大多数は自己理性を騙した<妥協>の結果であり、ごくごく少数のお互いが惹かれ合い信じれられる客観的妥当性を担保しうる<運命の>出会いは、<宇宙に生命が存在している可能性くらいの>奇跡である。」


    ということが考えられるが、その証明はまた別の機会に譲ることにする。
    0
      | | comments(4) | posted by curlcord |
      【 【思考メモ】 】
      愛を待っていた人か、
      愛を勝ち取った人か、
      その違いか。
      0
        | | comments(0) | posted by curlcord |
        【 <思考メモ> 】
        昔よく行った街で、昔好きだった人に似ている後姿を見かけて、それがカップルだったりして。
        それを通り越す時の、エイヤという情けない様な誇らしいような感覚に名前をつけたい。
        0
          | | comments(0) | posted by curlcord |
          【 AVの営業 】
          表題の通り、AVの営業について思う。

          AVの営業は凄い。
          正確には「凄いと思う」。
          私はしがない営業マンをしている。
          しがない営業マン、とゆうのは、街のしがない店の店舗予算の中から数十万の金額を盗る事にすら、七転八倒して、且つ獲得のできない営業マンの事を言う。
          我が身をふりかえってみるに、店舗あたりですら数十万、いや数万の金額を引き出すのは至難の事だった。


          相手のニーズがあり、こちらに資質がある。そんな条件が揃い、通常は初めて契約に至る(それを飛び越し、契約に至る能力を有する人間が「できる営業」だ)。



          表題に戻る。
          AVの営業は凄い。
          全く、知らない女性に話しかける。
          飛び込み営業より数百倍も凄い。
          全く、事業など営んでいるわけでもない女性に話かける。
          肩書きも、名誉も、バックボーンもない。
          たよるは自分の口のみ。

          そんな中から、契約をとってくるのだ。

          メリット?
          金かな?

          でもそんなはした金と引き換えに彼女らは将来と羞恥心を失う。
          売れるとはかぎらない。とんでもないリスクを背負う。

          AVの営業マンはそんな人生を賭けたリスクを予想すらさせないのだろう。
          複雑な要素が絡み合う人生の中でも最悪な部分を美しいオブラートに包み、だまくらかして契約にまで結びつける手腕は凄い。

          且つその中でもトップセールスマンは凄い。
          彼らはめちゃくちゃ美人をAVに出演させる能力を有する。
          めちゃくちゃ美人は、AVなどに出演しなくとも巨万の富を得る可能性が十分にある(望む望まないは別として)。

          そんな可能性をすらオブラートに包む。
          それはリスクさえもすら包括する。

          彼らがどんなトークを用いているのか、想像だにしないが、凄まじい事だ。

          高校に例えるなら、クラスでもっとも美しく、かつ学校でもっともスタイルのよい女性のビデオを撮り、それを全国にばら蒔いてよい許可をとるとゆう事だ。
          しかも見ず知らずの他人と。

          凄まじい気迫だ。
          凄まじく希薄だが。


          私はまっとうな商売をしているが、契約に至れない。


          彼らは美しく、且つスタイル抜群の女性を裸にする。




          それが天才の為せる技なのか、悪魔の囁きなのか、私には知るところではないが…。

          ただ私が劣るのは言うまでもない。





          私はただ、単純に感嘆を隠せない。

          そして少々の嫉妬をすら覚える。



          至って素朴に。
          0
            | | comments(0) | posted by curlcord |
            【 「モテるモテない」の性格類型 】
            【提起】 
             何故に異性にモテるやつはモテて、モテないやつはトコトンモテないか、その鍵を掴む為、ひとつの仮説をここに提示したい。

            【前提】
             異性との交友に限らず、人間関係にはあるひとつの要素が介入する。
            それはエゴイズムである。
             作為の多寡に限らず人間は誰しもエゴイズムを有している。友好関係を例にとれば、例えば気の合う友人と一緒にいると、とりあえず自分の感情は害される事はない。
             言い換えれば自己の快楽を追求する行為の果ての友人とも言える。
             勿論、金銭関係や異性交遊に於ける授受をもくろんだ作為的な交遊関係も、エゴイズムと見なす。
             こうした構造の中で、人は妥協点をみつけ、授受をし、交友を図り、関係性を発展してゆく。
             「異性にモテる」とゆう現状は、複雑の要素の蓄積であり、一仮説の元にその原因を特定する事は出来ないが、その大きな一要素として、コミュニケーション能力が挙げれる事には異論はないだろう。以下はそれを二極にわけて分類したものである。

            【仮説】
            ヽ宛鯏エゴイズム所持
             …外交的エゴイズムとは、関係性の初期段階及び、発展段階、成熟段階に於いて、自己の快楽を外部に求め、欲求の昇華をする性格類型である。
             この性格を持ち合わせた者は、自己の欲求の補填の為、積極的に外部との連絡を図り、外部を巻き込んで大きな潮流を起こす。(外部とは幅広く適用できるが、本稿でいう外部とは異性と解釈してよい)
             但し、この類型では自己のみでは欲求の担保がなされない為、常に外部との連絡に依存するという脆い側面を兼ね備えている。
             必然的に、常に外部に異性及び、友人など社会集団がいる事となり、友人は異性を引き寄せ、「モテて」いる事となる。若年期に於いては、この性格は嫌われる場合もあるが、反省と改善の錬磨によってコミュニケーション能力は必然的に高くなる。

            (例)
             ・なにかしらの「長」社長、会長、主宰者、発起人、幹事、ギタリスト、ボーカリスト、など
             ・異性と話す事になによりの喜びを得る人…友人や異性は自己像の鏡となる。コミュニケーションによって、自己像をより高尚なものにする為に、異性を次々に乗り換えてゆく。
             ・自分の主張を他人の気持ちを考えずに言える人
             ・経済エゴイズムもこれに入る

            内向的エゴイズム所持 
             …内向的エゴイズムとは、エゴイズムの向く方向性が前者とは逆になる。
             つまり、内面方向に快楽を追求する事で欲求の昇華を得る。他者に働きかける事に抵抗があり、自己の内部で快楽が得られれば「集団の秩序、他人の感情は関係がない」とゆう、エゴイズムである。
             若しくは、他人の感情をおもんばかる行為そのものに、快楽の昇華を感じる人間も、このエゴイズムの一種だ。
             兎に角、このパターンの人間は、内向的であり、社交の場で「誰にも迷惑かけてないんだからそれでいいじゃん」とゆう論理を振りかざし、他人を無視したり、趣味や、主義に没頭する事が、正義であるかのように思っている。
             必然的に、外出も減り、友好関係もごく少数の限られたものとなり、「モテない」。
             反面、自慰行為やそれに準ずる行為(趣味)で、関係性への欲求が満たされる為、女性と接する事を可及的速やかには必要としない強さを持つ。
            しかしモテない。
            (例)
             ・殆どのドラマー
             ・ニート
             ・根暗
             ・職人

            F盂宛鯏エゴイズム
             内向的に始まって、外交的に終わるエゴイズム。
             内向的なエゴイズムは、一歩、踏み出すと外交的エゴイズムに似た概念になる事がある。
             他人の喜びを、内向的なエゴイズムとするあまり、外交的に接するようになるタイプ。
             言い換えれば、「よい事をしている自分」に、快楽を得るタイプ。
             博愛主義に近い。
            (例)
             ・ガンジー
             ・医師
             ・警察官
             ・自衛官
             ・家庭をもつ親

            こ案盡的エゴイズム
             の反対。
             反対に外交的エゴイズムを、推し進めていくと、あるものを独占的に支配する欲求に発生する
             浅い外部の環境には限界があると気付いた場合、自己の内面に外部を取り入れてその充足を求めようとする。
             1対1のコミュニケーションに落ち着く場合もあるが、外部を全て手に入れようとする事もある。
            (例)
             ・全体主義
             ・ヒトラー
             ・政治一般
             ・宗教一般
             ・浮気な人の改心後

            【グラフ】
             典型的な,鉢△法伝統的嗜好型(従来どうりの道徳心が強い)と進歩的嗜好型(流動的を是とする)を加え、座標にして示してみると、こうなる。

            (図)



             座標が、右斜めに行けばいくほど恋人と長く続き、反対はすぐに終わってしまう傾向にある。
             しかし、座標が右斜め上方面に当たる人は、関係はあまり長続きはしないが、相手に不足しないという観点から見てすなわち「モテる」。
             右斜め下の人は、外交的ではあるが、伝統的嗜好性な為、恋人及び友人をとっかえひっかえするのに強い抵抗を覚える為、関係は長続きする。
             反対に左方面の人は酷い。
             左斜め上は、内面的であるはあるが、流動的を是とするので一般的に言う所の変態とか「オタク」とかソレに近い状態になる。
             左斜め下に至っては、内面的で伝統的であるが故に、何に対しても心を開く事が出来ない。対人関係を拒絶し、反動形成を生み、妄想を強める傾向にある。対人関係が出来たときはそれを守る事に全力を尽くし、それがなによりの価値だと思う傾向がある。

            【結論】
             少々穿った見方をしてしまったが、どの立場にも大して肩入れしない立場から、「モテる」ひいては、対人関係一般の関係性に於けるカラクリを万人に共通するファクターであるエゴイズムという変数(?)を使って分析してみた。
             こうして見てみるとエゴイズムは各個人の行動に関して、重大な決定要因となっており、全ての「やる気」の原動力になっている事が解る。
             どんな形でも存在する各個人のエゴイズムをどの噴火口から噴出させるかによって、ライフスタイルや経済状況などが、如何様にでも変化する。 
             そしてその噴出の形は各個人の意思と、努力に任されている事は言うまでも無い。

             この時代、殆ど誰でも「自分の気持ち良いように」生きている(人権に反する強要や強制を除く)。
             怠惰に生きるのが気持ち良いのも。自分を蔑むのが気持ちいいのも。夢を追うのが気持ち良いのも。窮地に立たされている自分に酔うのも。親を養う事に優越感を得るのも。

             即ちこれ、「自己愛」と「エゴイズム」の狭間にある物。

             「気持ちよさ」の選択と、質の向上が今回のエゴイズム分析と噴出の方向性についての分析で明るみに為り、それがこれからの人生の一つの指針となればいいと思う。



















             
             
            0
              | | comments(2) | posted by curlcord |
              【 強く儚いたちの誤謬 】
               最近ラジオで偶然coccoの「強く儚いものたち」を聴いた。
               多少疑問に思う事があったのででここに書いておきたい。

               まず歌詞の内容を引用しよう。
               記憶をたどっての事なので多少の誤植はご愛嬌ということで勘弁願いたい。
               
              だけど飛魚のアーチをくぐって
              宝島に着いた頃
              あなたのお姫様は
              誰かと腰を振ってるわ

              人は強いものよ
              とても強いものよ

              そうよ飛魚のアーチをくぐって
              宝島がみえるころ
              何も失わずに
              同じでいられると思う?

              きっと飛魚のアーチをくぐって
              宝島に着いた頃
              あなたのお姫様は
              誰かと腰を振ってるわ

              人は強いものよ
              そして儚いもの


               これは2サビ以降の引用である。
               これを聴いて大多数の人間は何を思うだろうか?
               「男が可愛そう」 そう思わないか?
               いやそれで当然である。
               なにせそう言わせようとする魂胆がみえみえであるからだ。
               まるで欲求不満のお姫様はcocco本人であるがごとく見える。
               
               しかし、現実はどうだろうか?
               なんの変哲もなく至極普通に考えてみよう男性諸君。
               
               君は「宝島を見つけた」んだよ?w 
               その時にお姫様のことなんて考えてますか? 
               数々の冒険の末に命がけで見つけた、いわば男の究極の自己実現が宝島の発見である
               一個の男の全生命を賭けた試みの達成の場に於いて、若しくはその実現の後の人生に於いて、その時に自分を裏切るような女性、若しくはそうではないとしても遠く遠くにいる女性のことなど考える余地などあるのだろうか?
               それは女性にもいえよう。
               ある何か人生の究極目的を成し遂げたときに、誰かと浮気をしている男に対してなにか感慨を抱くか?
               ちょっと想像力を働かせればわかるように、もうそのときにはお互いの価値の天秤が転倒し、意味も同時に転倒しているに違いない。

               つまり、この歌は自意識過剰な女々しい感情の発露による、退化の音楽であるということができよう。
               こういった歌に自己投影をしようとすると、人生の勝利者になることはかなわず、それだけでなくなんの進歩進展のないままに人生を終えることとなってしまうだろう。
               世の中の女の女々しさ。男がいつまでも自分のうちにいると言う誤解に基づく安心。
               世の中の男の女々しさ。女がいつまでも自分のうちにいるという誤解に基づく安心。
               自らの進歩性をないがしろにしていても、それらを守る。
               そういった性交渉の悲劇だけを悲劇としか見なさないあまりに世俗的な民衆の感情の塊がこの歌をここまで祀り上げ、有名にしたのであろう。
               

               だからここで言える事。
               こんな歌を聴いて共鳴している男って絶対もてないと思う。
               だってそいつってずっとお姫様のそばにいて飽きるまで腰を振り続けてればいいって思った人でしょ?w
               この歌の船長(若しくは船員)のように、自己実現に邁進する男はもてると思う。
               その逆も然りだろう?
               
               自己実現の果てに恋愛すら忘却してしまう、そんな姿に人間は惚れ込むのである。
               恋愛とは、そうした自己矛盾と滅多には相容れない線と線の符合する先に数少ない成功があるのではないかと思うのだ。

               
               まあ、こんな事考えている俺が一番もてないでしょうね。ズドン!!
                
              0
                | | comments(11) | posted by curlcord |
                selected entries
                categories
                archives
                recent comments
                オススメ本&DVDレビュー
                bookmarks
                profile

                RSSリーダーで購読する