狭く屈折あり

【 ライブ(ショー)における主体と客体の関係について 】
ライブ(やなんらかのショー:以降ライブ)を観に行く度に僕は、いつもクラブの誰もいない自分だけの空間に逃げ込みたくなる。


観客であるところの僕はいつも突っ立って、ステージで起こっていることはそっちのけでチカチカと光るライトのように散発的でまとまらない思考を持て余している。
煌びやかなステージ観ているようでまるで観ずに。

そうしてやがて暫くすると僕はやっぱりあのクラブの隅のスピーカー前の、ただ真っ暗で延々と馬鹿でかい音が鳴る、たった一人の空間に逃げ込みたくなるのだ。
 
この正体不明の居心地の悪さは、僕が学生の頃から感じていた違和感で、観る側の時も、演る側の時もずっと感じていたことである。


ライブを演る側と見る側は一見、
主客の関係あるようだが、それは違う。
 
演者は「次のフレーズなんだっけな」とか「今日は客の入りいいな」とか「音の返りがちいせえ」とか「うっひょ〜サイコー」などと思い、
見る側は「あのベースうめえな、ひけるかな」とか「このあと何食いに行こうかな」とか「おっいい曲」とか「隣の子かわいいな」などとバラバラの事を思っている。
 
 
つまり演者にとって、自らが主役で、客は文字通り客体であるが、客にとっては演者が客体であって、客(自分)が主役であり主体なのだ。
 
結果、ステージの向こう側と此方側には大きな感情の量的・質的なギャップが生じることになる。
聞いて欲しい側と、聞かされている側。
それはどちらか高いほうから低いほうに水のようにそれは落ちて、淀む。
 

考えてみれば当たり前のこの事実があるのに、殆どのライブでは日常生活から切り離されたある時間拘束され、非日常的な空間であるということで、半ば強制的に客体である事を強いる事が許される。そんな客と演者での共通認識が出来上がる。拘束され、自由を奪われているストレスを忘れたふりをする。
 
結果、なぁなぁな雰囲気が完成する。
 

クラブでは状況が全く異なる。
演者が不在な故(DJは居る事には居るが存在そのものは)、目を瞑れば客は純粋に客のままで主体でいつつける事ができるのだ。
 

一方で思いも寄らない凄まじいライブや、自分が心酔しているアーティストのライブを見る時、人は限りなく無私に近くなる。
 
伝える側の伝えたい事が聞く側を圧倒し、客の思考を占拠する。
または、聞く側が演奏する側を初めから心酔していて余計なことを思考する必要もない。
極稀に、その二つの熱量が均衡になる。


こういう、ライブがきっと間違いなくいいライブであるが、あまり現実的にたくさんあるというものではない。



この不均衡がきっと、僕の感じていた居心地の悪さなのだろう。
と、少し整理。








<蛇足>
広告屋は対案を出さなくてはいけません。
もしライブハウス(に限っていうと)を上記主客の視点からハード(仕組み)的に変えることで、色々と集客や、文化面でも発展の可能性があると思います。
(要は参加型ってことなのかもしれないけど…。)

 
・踊れるようにする(主格の逆転)
・モニターを複数設置する(主格の曖昧化)
・踊るスペースをメインにし、演奏するスペースをサブにする(ダンスホール形式)
・酒を配る、振る舞う(自費で)
・飲み放題にする(その代わり値上げでも)
・食事を振る舞い朝までのイベントにする(プチフェス化)
・演者のプロフィールを配る(物語の構築)
・ブッキングライブのネットオープン化(ソーシャル化)
・ブッキングでは無く、ジャンル毎のセグメントを行う(ジャズが見たいとか、下北沢系がみたくて聴きながら酔いたい踊りたいとかそういう人の新規ニーズって全部クラブに取られてる)
・投票による審査を行い、クオリティを担保する(ライブハウスの客層改善)
・出逢いを提供する(出会い厨からの課金)
・ライブそのものの価格を下げる(通りがかりの音楽ファンニーズ)
・飛び入り参加スペースを作る(究極の主格逆転)

0
    | 音楽 | comments(0) | posted by curlcord |
    【 春夏秋冬 】
    下記、まるっと転載。
    今になってわかる、この歌の奥深さ。
    俺は何を始めるのだろうか。
    何を終わらすのだろうか。

    ---------ここから-------------------------

    季節のない街に生まれ
    風のない丘に育ち
    夢のない家を出て
    愛のない人にあう

    人のためによかれと思い
    西から東へ かけずりまわる
    やっと みつけたやさしさは
    いともたやすくしなびた

    春をながめる余裕もなく
    夏をのりきる力もなく
    秋の枯葉に身をつつみ
    冬に骨身をさらけだす

    今日ですべてが終るさ
    今日ですべてが変わる
    今日ですべてがむくわれる
    今日ですべてが始まるさ

    季節のない街に生まれ
    風のない丘に育ち
    夢のない家を出て
    愛のない人にあう

    横目でとなりを のぞき
    自分の道を たしかめる
    また ひとつ ずるくなった
    当分 てれ笑いが つづく

    きたないところですが
    ヒマがあったら寄ってみて下さい
    ほんのついででいいんです
    一度よってみて下さい

    今日ですべてが終るさ
    今日ですべてが変わる
    今日ですべてがむくわれる
    今日ですべてが始まるさ

    ---------ここまで-------------------------

    諦めと、憧憬と希望の狭間。

    0
      | 音楽 | comments(0) | posted by curlcord |
      【 クリスマスの約束 】
       今やってた小田和正の番組が滅茶苦茶よかった。

      世代を超えて、個性の強いヴォーカルが同じ時間にぶつかり会うとき、その優劣は意味の無いものになる。

      歌う、音を奏でる。
      それが正義であり、悪であるが、その先にある体験を求めてひとつになる。

      しかも世代が上の小田さんが先導して、リスクを背負って体現する。

      その覚悟と、意気込み。

      それを昇華する20数分のライブ。
      カタルシスだったなあ。

      世代間の音楽の価値観の隔絶や安易な優劣のつけ方にアンチテーゼを唱える、稀有な時間でした。

      見れてよかった。


      0
        | 音楽 | comments(0) | posted by curlcord |
        【 花火 】
        麹町で仕事頑張って、

        半蔵門で同僚と一杯ひっかけて、

        有楽町駅のキヨスクで、サクッと

        「ジャンプ頂戴!」っておばちゃんに言って、

        「あいよっ」

        って言われて、

        小学生みたいだな俺って思いながら、

        iPodから流れ始めるaiko。

        東京駅のホームに降り立って、

        やっぱりaikoは天才だなぁって思う。


        何度も同じ事を確認するなんて、馬鹿で幸せだなぁと、重考する新橋駅。

        0
          | 音楽 | comments(0) | posted by curlcord |
          【 ひとつの宙 】

          何は隠そう、このブログの名前、昔にやっていたバンドの曲名から、頂いている。
          知ってる人も多いけど、知らない人もいるんじゃないかな。
          過去ログ読んでもわからないからね。





          今日は、そのバンドのライブに行ってきた(その後のライブ中に書いている)。

          横浜FAD。

          ここは僕の、いろんなもんが詰まっている場所だ。

          セミでもライブしたし、外バンでも十数回したんじゃないかなぁ。





          それもあってか、全部が、全部が、琴線に触れる。
          ライブ全般にいえることなんだけれども。


          以下列挙。



          便所のフライヤーとか


          店員の態度の悪さとか


          アンプの置き位置とか


          唐突に行われる次回のライブ告知の違和感とか


          その無意味性とか


          バンドの雰囲気とかアレンジとか


          セッティングにとまどってる様とか


          明らかにミスったドラマーが何食わぬ顔顔して叩いてたり


          会社秩序のヒエラルキーとの対比とか




          バンドに紐づいている女子の比率とか


          その可愛さの比率とか


          なんか目の前にいるカップルの関係値とか
          あ、今ちょっと女の子から手を繋いだ。
          それに想像を巡らせてみたり。


          諸々の妬みそねみ感とかさ。



          混濁したそれらと、決して上手いとはいえないバンドの音の粒子に埋め尽くされながら、いろんな感慨に思いを巡らすこの感じの全てが、時に違和感もあり、時に心地よくしみこんでくるのだよ。
          明智君。


          本来いるべき世界などと思うこともあるんだよ、明智君。


          ライブを見ているみんなが思っている事がマンガの吹き出しみたいに宙に浮き出して、ひとつの中くらいの思念になって、まとまったもんを、一番後ろの席から音ともに眺めてみたい。

          そんなニッチな欲望。

          感情とはそうゆうもんだよ明智君。

          グラフィック0403.jpg
          0
            | 音楽 | comments(2) | posted by curlcord |
            【 カラオケ 】
            会社
            カラオケ
            水曜日?
            木曜日?



            だれか

            ユーミンの
            「ひこうき雲」
            歌わないかなぁ

            ききたいなぁ


            したら多分
            俺はそいつを一生信じるだろうなぁ

            「あの子の命はひこうき雲」



            0
              | 音楽 | comments(2) | posted by curlcord |
              【 まぼろし 】
              アジアンダブファウンデーションを聴きながら朝の地下鉄構内から、会社へ向かうスーツの群れ、群れ。
              なんだか全部が早送りに見えて、出来の悪いプロモーションビデオに見えて。

              0
                | 音楽 | comments(6) | posted by curlcord |
                【 I say thank you for the music 】
                音楽の力を思い知るこの頃だ。


                実は最近、音楽をきけていなかった。
                とゆうのは、大学時代から僕の使っているプレーヤーが壊れてしまった事による。


                新しいCDを買おうにも外に持ち出せない状況が続いた。



                意外に大丈夫だと思った。

                高校時代、いや中学生時代から続いた外出時に数分でも時間があると音楽を聴くという習慣は以外と簡単にやめるとこができた。
                耐える事ができないと思っていた無音の世界に入っていった。
                音を必要とする時間はどんどん減っていった。
                会社では音楽好きを自称するも、実際は音楽も聴かず、ただ日々をすごしていた。


                音楽はすぐ側にあると思っていたものが、いつのまにか音楽は遠くにいってしまっていた。


                電車に乗る時も、家に帰ってからも無音。

                最後にスタジオにはいったのはいつだっか、忘れた。









                そんな生活を繰り返していたある日、僕はふと今まであった自分のスキルが色々消えている事に気がついた。

                今までなら乗り越えられる鬱の壁が、いつのまにか強大なものに感じられた。

                必要としていない筈の音楽が、僕をよんでいた。

                いや、僕の底にある何かが、音楽を欲していた。



                ソニーのネットワークウォークマンを買う。買ったがOSがMEなのでインストールできない。
                仕方ないのですぐパソコンを買う。
                周辺機器を買う。

                迷いは無かった。



                音楽は、たゆたうもので、強制されるものではない。

                自己に対する先入観的脅迫観念で聴く大学生や、自虐目的の自称「わかる人」のオタクとか、そうゆう事じゃないと思う。

                音楽が気付いたら側にいる。

                活力や勇気や、希望を与えてくれる。
                ときには絶望や、悲観に寄り添うとゆう安らぎを与えてくれる。


                そんなもんだ。

                そんなもんだか、

                しかしなんだ


                音楽にこうして付き合う事が






                以外にどうして難しい…
                0
                  | 音楽 | comments(2) | posted by curlcord |
                  【 肴は炙った烏賊だけじゃ嫌だ。 】
                   果たして、この世で最も贅沢な酒の肴とはなんだろうか。
                   
                   それは“人”ではないかと、思う。
                   
                   人の認識で世界は在るのだとすれば、人の存在こそ至上のものだと言えるからだ。
                   だとすれば、人間の築き上げてきた行為は、最上の肴に鳴り得るはずである。
                   
                   
                  後輩たちの後期ライブを見てきた。
                   前期の様子は過去の記事に詳しく書いた。前回思った事と格段違うことは思っていない。参考までに見てみて。
                   違うのは前回が「これからも見せてくれ」だったものが「今までお疲れ様、立派になったね、いいもん見せてくれて有難う、これからも仲良くやってくれよ」に変わったこと。
                    
                   最高の酒が飲めた。
                   言い方失礼かもしれないけど最高の肴だった。
                   億万長者がいくら万札積んでも得ることのできない、実存。価値。臨場感。
                   どんな高級食材よりも、価値のある実存。
                   ははあ。こいつあ、よっぱらうしかねえや。
                   おい、おめえ、ここで酔わないでいつ気持ちよく酔うっつうんでい?
                   最高の肴が目の前で鳴ってるじゃねえか。
                   いや、酒はあっちだ、この酒が肴だ。
                   へへ。
                   
                   と、いうわけで久々にはしゃぎました。 
                   以下はその感想。
                   メモ形式でお届けします。
                   
                   一バンド目 こんどり
                   此処からみた。
                   渋谷系万歳。いいね。美学っつうの?ずっと言ってたもんね。
                   ここまで好きなら本物だね。
                   ドラムもいいね。
                   しゃべりも面白いし、ハモッてるし、こりゃあ杯が進むや。

                   二バンド目 なみちゃん YMO
                   うわっ。すご。
                   まとまり、広がり、電子音、人力音。
                   かああ。
                   こっりゃあ気持ちい。
                   空間を操作してる感じ。
                   おいおい、ライディーン、キタw
                   ちょwwwおまwww
                   戦メリですかww
                   ほんとウスイは上手くなった。バランスのとり方に天性のものを感じる。
                   バンドの中でのドラムの立ち居地をよく心得ている。みならお。いただこ。
                   その上になみちゃん他、四人の音がしっかりのってる。
                   いい。
                   
                  三バンド目 加藤ディラン
                   バックバンドの音だけいいね。
                   
                   いや、嘘。加藤も良かった。やりたいことやりきったんじゃないのかな。
                   音がよく、テンポがよい。バンドとして気持ちよくいやがる。
                   ふむ、くいくい(酒)。

                   三バンド目 くるり
                   くるりじゃーん。
                   前いかんくては。
                   おっとと、酒もってかなくては。
                   スピーカーの前、陣取らなくては。
                   おいおいSEきたねえなwww
                   思わず、泣けてくる。 
                  初志貫徹とはこのことか。
                  ポピュリズムとコレを非難する人もいるだろう。
                   だがポピュリズム反対派がなんだ。
                   どんな崇高な音楽があるかしらないが、コレが僕らの時代じゃ。
                  飲むぞ。(どうだ限定された趣向じゃ。)
                   踊るぞ。(非難するやつ相手になるぜ。)
                   一緒に歌っちゃうぞ。(その為の肉体じゃ)
                   
                  「絶望の果てに希望を見つけたろ。同じ望みならここで叶えよう。僕はここにいる。望みは消さない。」
                   「このままでもこのままでいい。それは嘘間違ってる。重なる夢。重ねる嘘。重なる愛。重なるリズム。」
                   
                   糞せつな過ぎるぜ。

                   その瞬間。FADは何処のダンスホールよりダンスホールだった。

                   おっといけね 箇条書きだったね。
                   四バンド目 宇野
                   サラウンドから始まっちまいました。
                   ほんとまとまりがある。三人とは思えない。
                   たのしそう。ライブやりたい。
                   ここではじめて、思う。ライブやりたい。
                   だって楽しそうなんだもん。

                   五バンド目 青木
                   衝撃だった。
                   パンクって何かしらないけどもさ。
                   俺と青木は高校なんて糞食らえってとこで同じ意見もってる。
                   青春をふざけきれなかったタイプだ。
                   ほんで、僕はこういうふうに生きていて、あいつはあんな風に歌ってる。
                   かっこいいな、ド畜生。
                   もともとメインカルチャーへの反抗としてカウンターカルチャーとしてのパンクがあった(浅学ながらそう解釈している。)。
                   しかし、ぼくらはもう反抗すべき対象すら持ち得ない。
                   サブカルチャーはどこえも反抗しない。
                   漠然と、大人に反抗してる。
                   でも今日のライブは違う。
                   そういうんじゃない気がする。
                   「パンクの概念とかはいいんだよ。楽しければ」と某氏にきいた。
                   ふむ。
                   そういう解釈もあるね。
                   僕の解釈。
                   壊すものがないから、自分を壊す。
                   そう見えた。社会を壊すでも、大人に反抗するでもなく、静かに自分を壊している。
                   かこいいなおおおい。
                   
                   そんで最後にマイ・ウェイだもんね。
                   
                   高校とか、俺も思い出して、ぐっときたよ。
                   
                   次は大吉
                   名人芸。
                   こいつとはまた組む。
                   絶対やる。
                   
                   最後、ビートルズ。
                   輝いてた。 
                   そして僕は酔っていた。
                   ふわふわ。


                  いい酒呑んだ。
                   いい肴だった。

                   ほんと、みんなお疲れ様。
                   有難う。よかった。


                   また、集まってスタジオで、楽器やろな。
                   楽器やろ。 

                   

                     
                  0
                    | 音楽 | comments(0) | posted by curlcord |
                    【 Jポップの社会学 】
                    .現象

                     皆様はご存知だろうか?
                     今巷で話題の「修二と彰」を。
                    このCD売り上げ枚数は今年初の百万枚突破。
                     ケツメイシの「桜」を超えた。
                    ドラマ「野ブタをプロデュース」の挿入歌として放送された。
                    今回はその曲のヒットに潜む原因を検証してゆきたいと思う。

                    .考察

                    1,曲について

                     曲調はなんの事はない、ジャニーズの王道だ。
                     作曲家、作詞家の作ったオケに歌をいれただけの曲。
                     構成・コード共にありきたり。
                     ここに他の曲となにかを隔てる特別素晴らしい魅力があるとは思えない。


                     2,発売当初の環境について


                     ドラマのタイアップとゆう内容では他の曲との差別化を図る事は出来ないと思われる。
                     タイアップの元となった「野ブタをプロデュース」だが、これは芥川賞の候補となった作品なだけあってなかなかに新鮮であるが、他に芥川賞を「受賞」したドラマのタイアップ曲がここまでのヒットを飛ばしていない以上、ここでの差別化も難しいと思われる。
                     また、著書の売り上げ部数も、電車男には遠く及ばない。
                     電車男のタイアップ曲は、オリコン10位以内が精一杯であった。
                     作品の内容としても、大した共感を得れるほどのリアリティ、又は作品性は無いと思われる。

                    3,歌詞の内容について

                     歌詞は原作の内容を模倣、若しくはなぞる形となっている。
                     要約すると以下の通り

                     登場人物である二人は地元では敵無し(腕力か学力かは不明だが後の歌詞の内容から推測するに腕力)であった。
                     二人は都会にに憧れて、故郷を捨て見知らぬ街にでてくる。
                     だがある日男性の主人公の親友が夜中に「怪しげなきゃつらに狙われている」と助けを求める。
                     助けにゆくが、既に友人は打ちのめされた後で、主人公は友人の震える手を握り謝る※。
                     友人「いいさ」と許す。
                     負けてしまった。
                     
                     「その時思い浮かんだのはあの旅立ちの空」
                     
                     と、主人公は懐古する。

                     と、ゆう内容だ。
                     恐らく、故郷を捨てた後悔と、未来への希望が入り混じった気持ちを言いたいのだろう。

                     つまる所一言でこの曲を表現するならば
                    「不良の喧嘩」
                     若しくは
                    「バンカラ」の歌
                     である。
                     この場合の一般視聴者である、ジャニーズのファン=F1層の女性 には、全くと言って馴染みのない世界である。
                     大多数の人がそうであるような、アーティストへの自己投影=共感という形での聴き方でもないように思われる。
                     いやF1の女性のみならず、比較的年齢の高い女性、もしくは男性にも馴染みのない世界だ。
                     「一緒に都会にでてきたが、殴られている友人を助けに走る」とゆう事態への共感の可能性はないとしよう。
                     SMAPの「世界に一つだけの花」が売れた道理とは違う力学があることが容易に推測できる。

                    (※蛇足だが、ジャニーズの社長が同性愛者であるとの噂があるが、この歌の血だらけの親友と美青年同士「震える手をにぎりあう」あたりに、かなり同性愛的な情愛を喚起させるフレーズである。果たしてここにはなんらかの意図があるのだろうか?興味深い)

                    4,性的な目的について
                     一般に、モーニング娘。などのアイドルファンの男性は、現実世界で性欲を解消することが憚られる為、曲を聴きながら、画像を見ながら、オナニーをする。
                     アイドルには性欲消化とゆう目的がある。
                     より興奮する自慰行為の為に、アイドルが適切だと判断した彼らは合理的にモーニング娘。を選んでゆく。若しくは大塚愛やコウダクミを選ぶ。
                     よく聴くとわかるが、モーニング娘。の歌はセクシャルな表現や嬌声によってちょっと訓練をした男性なら自慰行為を可能とさせるようにし向けられている。
                     
                     だがしかし、今回のこの初回限定版を除く「修二と彰」は、画像コンテンツを含んでいない。
                     つまり視覚的な刺激による自慰行為を諭さない。
                     歌詞の内容も、少々暴力的な事を除けばさほど刺激的とは言い難い。

                     男女の性的興奮の頻度の差異なども鑑みるとさらに、この曲を自慰行為の為の刺激として利用するために購買しているとは言い難い(実証的にはまだ未確認だが)。

                     .総論

                     ここまで、過去のヒットソングとの相違点を論じ、今回の現象の原因を明らかにしようとしてきたが、なかなかその明確な原因はあらわにはならない。
                     ここで私は一つの仮説を思いつく。

                     4の性的な目的が無意識下であったら?
                     という仮説である。
                     また、それが抑圧された美意識の下に隠れていたら?ということである。
                     ジャニーズを買う層の年代は、基本的に思春期の自我が脆い時期の女の子や、青年期になっても自分の容姿になにか屈折したコンプレックスを抱えていてパートナーを持たない女性である(職場の経験上圧倒的に多い)。
                     そうした人々は日常的に生殖行動を抑圧されている。
                     彼女らは社会的な弱者になることを甘んじてしまい、自意識が昇華される瞬間を持たない。
                     自分の価値を鏡として承認する異性をもてないのだ。セクシャルな肢体と、ポジティブな人間性を要求する現代のコマ―シャルという「宗教」のもとではそれは不可能なのだ。
                     抑圧された自意識は現状に不協和を覚え、逃避の手段をとる。
                     現実から理想に逃避し、理想を現実に投影する。
                     その方法が、ジャニーズのCDを買うということなのである。
                     美しい、美男子。優秀な精子をもった男。
                     自分の、生殖欲求。
                     自らの遺伝子を増やせ!という切実な要求が彼女らを理想の男のCDを買う行動に走らせる。
                     何十枚も一人で買う。
                     そうすることでアーティストと繋がっていられるような気がするから。
                     「応援」しているような気がするから。
                     意識的に彼女らにしてみれば「いい音楽」と思い「だから応援する」ということなのかもしれないが、その根底には「応援していれば、繋がっていることができればいつか優秀な精子と遺伝子を残せるかもしれない」という、生命としては逼迫した要求になるのだ。
                     もちろん、彼女らもそれに気付いている。
                     いくら応援しても、その欲求がかなうことはないことを。
                     絶対にそのアーティストとは付き合えることが無いことを。
                     しかし、懸命な彼女らはまたそれすらも抑圧し、忘れる。
                     だって、戦ったところで世俗的な美によってなりたつ世界は変わらないから。
                     
                     「それならば理想の中に生き、深層心理で理想とセックスしよう。」
                     
                     というのが本音だろう。
                     
                     そうしたことがいたるレヴェルで意識的にしろ、無意識的にしろ起こった。
                     今回の現象はそうした


                     「社会的な人間の容姿に寄る差別意識、承認不足が生んだ、切実な生殖欲求の非充足の果ての、逃避的集団購買行動。」
                     
                     と定義することが出来るだろうと、考える。

                     私はそれを非難しようとは思わない。
                     寧ろ、インスタント的な性衝動に走るより、よっぽど美しいと思う。
                     その願望はまるで月に本気で触りたいと思って背伸びをしている少女のようだ。
                     絶対不可能はあるときをもって醜悪から美に変わる。
                     そう僕は信じている。
                     
                     (またジャニーズ事務所周辺はその承認の仕方がうまい。特典をつけたり、クラブをつくったり。承認をし、依存でグズグズにしようというのだ。そうした行為、商売にうらずけられた作為、そういったものは反対に醜い。万死に値する。実際死ぬべきなのはジャニファンではなく、それを供給し商売にする側であるということを忘れてはならない。)
                     
                      
                     ※参考文献
                     「オタクの精神史」
                     「利己的遺伝子」
                     「メディアレイプ」



                      って俺卒論は?w
                    0
                      | 音楽 | comments(0) | posted by curlcord |
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comments
                      オススメ本&DVDレビュー
                      bookmarks
                      profile

                      RSSリーダーで購読する