狭く屈折あり

<< 思考メモ | main | 思考メモ >>
【 <書評>東京奇譚集 村上春樹 】
実は村上春樹という小説家を最近まで食わず嫌いしていて、二ヶ月前やっと「ノルウェイの森」を読んだ。
結論から言うと、凄く引きこまれたし、今まで読んでいなかったことを後悔したと同時に、これからこの作家の文章を読めることに幸福感も感じた。

で、偶然入った古本屋で発見したのが本書。

短編集。
大体すべての登場人物が何か欠落していて、それを何かのきっかけで取り戻すなり、欠損に気づくなり、再解釈を行ったりする。
話の筋自体は、取り立てて感動することでもないのだけれどやっぱりそこは村上春樹。
軽妙なリズムと、センテンスの置き方で心のひだを付いてくる。
かゆいところに手が届く。
こういう言い方があったか〜と関心させてくれる。

お風呂で読むのに最良の一冊。
だった。

0
    | 書評 | comments(0) | posted by curlcord |
    【 スポンサーサイト 】
    0
      | - | - | posted by スポンサードリンク |
      comment




      selected entries
      categories
      archives
      recent comments
      オススメ本&DVDレビュー
      bookmarks
      profile

      RSSリーダーで購読する