狭く屈折あり

<< 昨年度の目標と個人的フィードバック | main | 本年度の具体的な目標 >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | posted by スポンサードリンク |
    【 本年度の課題解決へのアプローチ 】
    いかに崇高な目標を掲げたとしても、そこにアプローチする手段やゴールの設定が間違えていたり、体調が悪かったりしたら意味が無い。

    0.理想に対しての戦略を立て
    1.じっくりとこの先起こるべきこと、やるべきこと、やりたいことを考え
    2.それらの要素をランダムに抜き出し
    3.カテゴリ毎に分けて整理し
    4.優先順位をつけて
    5.タスクに分けて
    6.スケジュールに落とし
    7.手帳に書き込み
    8.実行する

    このルールだけ忠実に守れれば、だれでもきっと理想に近づける。
    ただ、ステップ7と8の間に、酒とか二日酔いとか、巨大掲示板とか、みてないアニメ映画ゲームとか、睡魔とか、要は怠け心がある。

    上記課題に対しての対策として下記を考えた。

    ◆課題解決策
    1.酒と二日酔い
    酒自体はそんなに悪いものではない。
    寧ろ、飲まない人生に面白さなんて無い。
    “酒を飲み過ぎること”が問題なのであって、それが適量なら問題ない。
    まず、自分の中で
     1.久々に呑む人か、日常的に飲んでいる人か
     2.気のおける人か、そうでないか
     3.翌日以降に予定があるか無いか
    という根拠で、
     1.とことん飲んでイイ飲み会
     2.セーブすべき飲み会
    を分ける。
    そして、“セーブすべき飲み会”では、
    『ビール2杯、焼酎3杯』までとする。
    コレを黄金比とし、はみ出さないように注意しながら呑むようにすることとする。
    出来なかったらチューハイにする。
    あと、貰いタバコは絶対にしない。
    この年代で自制心を養っておかないと絶対に、年を取ると必ず病気になる事を意識して、自制する。
    また、一つの飲み会をただ茫漠と過ごすのではなく、その飲み会が終わったらそこで起きた印象的な事をメモに残しておく。


    2.巨大掲示板
    時として有益な情報源で在ると同時に時間喰い虫である、巨大掲示板。
    iPhoneと組み合わせることで電車内からお風呂場まで気軽な読み物として自分のいろんな時間を吸い取っている。
    ここで問題になるのは、読書時間の減少と読書能力の欠落である。
    ことさら、後者は深刻で、巨大掲示板から得られる現実的便益は殆ど無いことを考えると、
    ハードの能力に対しての侵食であるこの事態はどうにかしなくてはいけない。
    対応策としては
     1.余計な記事は読まない
     2.読む時間を限定する
    と、してみる。
    情報源と暇つぶししての巨大掲示板は多少の便益はあるため、全てをカットするのは逆に現実的で無い。
    よって、読む量を減らし、読む時間を限定することがいいと思う。
     1.風呂場
     2.喫茶店
    では、本を読む事を自分の中で課し、常に本を持ち歩くことを習慣とするようにしよう。


    3.アニメ映画ゲーム
    ゲームをしなくなって、ゾンビ映画を見なくなって(観るものがなくなって)、ことさら最近アニメを観るようになった。
    料理やアイロンがけなどの作業中鑑賞作品をアニメにしているのだけれど、これが24本作品だと12時間を浪費する。
    いい作品ならいいのだけれど、これってどうなんだろう。
    TVのくだらない番組を観るよりは時間の無駄ではないのだけれど。
    というわけで今年は、下記の優先順位をつけて映画やアニメを見ていきたいと思う。

     1.新旧名作映画
     2.ドキュメンタリー
     3.新作ゾンビ/スリラー
     4.名作アニメ
     5.話題のアニメ

    そのためには、見るべき映画をリストアップし、上から順番に見ていくという作業をどこかでしなくていけない。
    その優先順位は気分に優先するというルールを自分に課してみる。
    そしてただ漫然とみるわけでなく、Twitterで知らない人にも見たいと思わせる分り易い一言感想を上げることを、広告マンである自分への課題としよう。


    4.睡魔
    実はこれ、かなりの強敵だったりする。
    今まで数十年、ずっと勝てなかった敵。
    なので無理はしない。
    例えば土日は11時に起きる、それができたら10時に起きる。
    くらいを課してみましょうかね。
    0
      | つれづれ | comments(0) | posted by curlcord |
      【 スポンサーサイト 】
      0
        | - | - | posted by スポンサードリンク |
        comment




        selected entries
        categories
        archives
        recent comments
        オススメ本&DVDレビュー
        bookmarks
        profile

        RSSリーダーで購読する