狭く屈折あり

<< 大きな物語の喪失と記号論的消費 | main | ブログ移転のお知らせ >>
【 <何故私に恋人が出来ないのか>の数学的証明 】

先日、NHKの「数学であらゆる問題を解決する」という美味しんぼ的な番組「頭がしびれるテレビ」で、もてない男(喪男)としては非常に興味を惹かれる学説が紹介されていた。


地球人と出会う可能性がある地球外文明の数を推測するドレイクの方程式(下記図)


ソース: http://web1.incl.ne.jp/oyone/keirin/drake.htm


を使い、自分に彼女ができる確率を導き出した、ロンドン在住の30歳の喪男大学院生ピーター・バッカスさん。(参考: http://www.narinari.com/Nd/20100112912.html


本記事は、そのバカバカしくもシュールな挑戦に国境を超えた共感を覚えつつ、

(調べてみても同じ事をしているバカな人がいなかったため)

これが自分だったらどうなの?という知的好奇心に逆らえず、
東京の【私】に於けるドレイクの方程式を算出する試みである。





ドレイクの方程式(彼女算出ver)は、大まかには下記のようなモノだ。
 


[彼女となりうる人数]=英国人口60975000×女性比0.51×ロンドン在住率0.13×適齢期(24-34歳)率0.20×大卒率0.26×魅力的率0.05=10510人。

これが最低限の算定。さらに

彼女が私を気に入ってくれる率0.05×シングル率0.5×破綻しない率0.1

で、最終的に26人となり、「ある晩、ロンドンで26人のうちの1人に出会う確率」を計算すると、0.0000034%となる(誰でもいいのであれば0.000087 %)。

 原文ソース(pdf):http://www2.warwick.ac.uk/fac/soc/economics/staff/phd_students/backus/girlfriend/why_i_dont_have_a_girlfriend.pdf

(参考: http://d.hatena.ne.jp/riocampos/20100118/p1
 

 

 

 


【極私的】に解釈しつつ、日本に於ける私に当てはめてみた。
それが下記である(回答に誤りがある場合はご容赦されたい)。




 ■彼女となりうる人数を求める式■


日本国総人口:127,450,459×
ソース:総務省統計局 国勢調査 2012年人口推計
        http://www.stat.go.jp/data/jinsui/

女性比:0.512×
ソース:総務省統計局 国勢調査 2012年人口推計
        http://www.stat.go.jp/data/jinsui/

東京在住率:0.0984×
ソース:東京都  総務省統計局 国勢調査 2010年人口推計
         http://city.eek.jp/13/

適齢期(22-32歳:7,771,000名)率:0.11×
ソース;独立行政法人統計センター 政府統計
        http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001010879


魅力的率:0.05×
ソース:このパラメーターは難しく、発案者であるバッカスさんに従った
        (彼も難しいと言っているが、100人に5名なのである程度妥当だろう)
        http://www.narinari.com/Nd/20100112912.html


※ちなみにここでバッカスさんは大卒率を考慮に入れていたが、
   私は「大卒であること」は理想的な彼女の条件で無いため除外した。
 

彼女が私を気に入ってくれる率:0.01×
ソース:発案者であるイケメンインテリのバッカスさんが5%と設定していたので
        本来自分はもっと低い変数だと思うが、見栄をはって仮に1%と設定した。


シングル率:0.55×
ソース:国立社会保障・人口問題研究所 2011年 出生動向基本調査
         http://matometanews.com/archives/1501476.html


自分と性格が会う確率:0.1×
ソース:発案者であるバッカスさん10%に対して、コミュ障の私は(見栄をはってかなり多めに見積もって)1%とした。
             



以上を計算すると、














となる。



このことから、日本全総人口に於ける私の恋人候補は




2名






である。
(かろうじて1名以上になったが、ここに趣味(ゾンビ)が合う確率とか、自分のコミュ障変数とか、おいおい魅力的な子のシングル率がこんな高いわけないだろ変数とか、こんなことをしているやつはそもそもだめだろう変数とか、その他諸々のマイナス変数をかけあわせると更に桁が下がり、小数点に突入し0人に限りなく近くなる)




全人口に対する2名とは







0.000003 %である。








そして、
更に思考を進めると、この確率は






500,000 人の人間と出会えば、2人のうちのどちらかに出会える計算である。








では、その現実性を考えてみると、





人生の総日数約27,375 日(75年×365日)とし、




その中から20%(5475日)を恋愛をできる期間として考えた時、





1日あたり91人と出会わなくては行けない計算となる。
(限りある休日やアフター5を引きこもって過ごしている場合は更にこの数字は高くなる)





上記の行動をすることは肉体的・時間的に不可能である。
よって私には恋人が出来ないのである。






以上、証明終了。





上記証明から導き出される推論として、


「世に遍在する恋愛の圧倒的大多数は自己理性を騙した<妥協>の結果であり、ごくごく少数のお互いが惹かれ合い信じれられる客観的妥当性を担保しうる<運命の>出会いは、<宇宙に生命が存在している可能性くらいの>奇跡である。」


ということが考えられるが、その証明はまた別の機会に譲ることにする。

 

 

 

0
    | | comments(4) | posted by curlcord |
    【 スポンサーサイト 】
    0
      | - | - | posted by スポンサードリンク |
      comment
      しのびさん>
      閲読&コメント有り難うございます!
      灰の中から立ち上がるある種の希望みたいなものもありますからねw

      ちょっとでもオモシロイと思ってくれたなら<恋人ができなくとも>記事を書いた意味があるってもんです。

      有り難うございます。
      | 管理人 | 2012/09/24 2:16 PM |
      なんか・・・生きる気力が湧いてきたっす!
      ありがとうございます。
      | しのび | 2012/09/24 2:09 PM |
      池田さん>
      コメント、ありがとうございます!
      ごめんなさい。その番組、僕はリアルタイムで観たもので
      録画はしていませんでした。
      お力に添えず、すみませんです…。
      | 管理人 | 2012/06/10 4:36 PM |
      記事を読ませていただきました。「理想の出会い」の回の録画分を探しています。もしかしたら録画されているかもと思い、コメントさせていただきました。よろしければご連絡くださいませ。

      gm20061029[at]gmail.com
      | 池田 | 2012/06/10 1:23 AM |




      selected entries
      categories
      archives
      recent comments
      オススメ本&DVDレビュー
      bookmarks
      profile

      RSSリーダーで購読する