狭く屈折あり

<< 2012年度自分的ベストモノランキング総集編 | main | 2013年度の位置づけと目標と対策 >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | posted by スポンサードリンク |
    【 昨年度の目標と振り返りと短期的改善 】

    年のはじめに於いて、自分を客観視し中期的な目標の標準合わせと自己意識の再構築の為、昨年度の目標の達成度合いについて、個人評価の振り返りを行う。
    その場で改善できるものについては短期的改善を実施した。

    (コメント⇒●●●が今年の評価)

    昨年の記事は右記参照⇒ http://curlcord.jugem.jp/?eid=323


    ■アプローチのプロセス

    0.理想に対しての戦略を立て
    1.じっくりとこの先起こるべきこと、やるべきこと、やりたいことを考え
    2.それらの要素をランダムに抜き出し
    3.カテゴリ毎に分けて整理し
    4.優先順位をつけて
    5.タスクに分けて
    6.スケジュールに落とし
    7.手帳に書き込み
    8.実行する


    コメント⇒達成度70%
         一昨年と比較してある程度達成はできているものの、
         月初や月末にまとまった時間がとれなかったりすることで
         蔑ろにしてしまっていた部分があった。
         また7と8の間にある壁は、
         目標設定時も認識していたが下記の通り総崩れとなっており、
         引き締めが必要である。
         まずは、直近の数ヶ月及び、1年間に於ける上記を実行する。


    ・飲酒量を控える
    『ビール2杯、焼酎3杯』までとする。


    コメント⇒0達成度%
         これは新年1ヶ月以内で破られた…。
         もう無理だということにして、努力目標ということにする。
         意識するぞ意識するぞ。


    ・2chまとめを中心とするRSS閲覧
     
     1.余計な記事は読まない
     2.読む時間を限定する


    コメント⇒達成度50%
         これは未達成かな。
         1はある程度できたが、2はできなかった。
         購読しているRSSでも重複しているものやためにならないものは削除。
         2chまとめの数を減らして、有用なブログやサイトを追加。
         数時間かけて大幅な再整理を実施した。
         購読サイトについては定期的な見直しをする。
         

    ・アニメ・映画・ゲーム
     下記の優先順位をつけて映画やアニメ見ていく

     1.新旧名作映画
     2.ドキュメンタリー
     3.新作ゾンビ/スリラー
     4.名作アニメ
     5.話題のアニメ



    コメント⇒達成度50%
         名作を観るというのは予想以上に、体力を使うもの。
         水は低きに流れるもの。
         なので、上記の目標を見失い3や、4を見てしまっていた。
         陳腐化したリストを再整理し、
         本年閲覧すべき作品として再設定をすることが寛容だ。

    ・睡魔
    土日は11時に起きる



    コメント⇒達成度90%
         自然と生活が充実してくるにつれて起きるのも早くなり、
         上記目標は二日酔いの翌日以外は達成された。
         これは身体の老化によるものかもしれないが、敢えて考えないものとする。


    ■認められたい欲(他者からの承認欲求)

     「消費側から生産側に」なりたいと思った。
      多分その根底には、この承認欲求があるのだと思う。
     承認欲求を満たすためには、自分の創造性を高め、作品を作っていくしか無い。

     
     -文章力
     ・読んだ本や、映画に関して書評を書く。短くてもいいから、オリジナルの感想をまとめる。


    コメント⇒達成度60%
         booklogを実施し、30%は書評を書くことができたし、
         twitterにもある程度は書評を上げることができた。
         またウェブ上に上げることがなくとも紙の上で
         まとめていることも多く、昨年と比較すると大幅に読書が身についた
         年であるとも言えるかもしれない。

     ・プロットを組んでみる。制作してみたいと思わせる作品の空想をしてみる。


    コメント⇒達成度0%
         何もしなかった。
         やはり何かを生み出す行為というのはエネルギーを必要とするものだ。
     
     -情報加工力
     ・GIMPを導入してみて、イラレの感覚を学んでみる。


    コメント⇒達成度0%
         同上。何もしていない。
         CSをダウンロードしたので今年こそは上記に手を付けたいと思っている。

     ・人体のデッサンをちょっとしてみたい。


    コメント⇒達成度0%
         同上。
         アウトプットへの試みは上記のように文章以外は殆ど破綻といっていい。
         上記課題は引き続き来年への課題となるか、そもそも向いていないのかは
         今後の検討課題となる。

     -インプット力
     ・欲しいと思う本(うちのめされるような本)を金に糸目を付けずに、買い続ける。


    コメント⇒達成度90%
         自分が読みたいと思う本、欲する本、欲しい本をずんずん読めた一年だった。
         やはり本は心の鏡であり、糧であり、原動力である。
         一日で使える時間は限りがある。その中で良質なインプットをしようと思うと
         やはり読書は欠かせない。
         もっと読書に時間を割こう。

     -仕事
     ・一本の企画書にしても、惰性で作らないで自分の個性を入れる。


    コメント⇒達成度90%
         仕事はある程度軌道に乗ってきていて、
         この調子でできたらよいかなとは思う。
         自分の出来る範囲を規定しないでどんどん拡張していくことが寛容だ。



    ■体験したい欲(知らないことをしてみたい欲)

    思うがままに体験したいことを列挙してみたら、下記の項目が挙げられた。
    体験より、生産をしたいということらしい。


     -ゾンビ役をやってみたい


    コメント⇒達成度0%
         どこにいけばできるのだろう!
         できるのなら今にでもやりたいのに!

     -一人で博物館に行ってダラダラしたい


    コメント⇒達成度100%
         博物館こそ行かなかったものの、一人でいろんなところにいった。
     
     -宮古島に行きたい


    コメント⇒達成度100%
         宮古島ではなく波照間島だったが、無事完遂。
         アクシデントではあったが石垣島にも初上陸を果たした。

     -大型書店で大人買いをしたい


    コメント⇒達成度100%
         書店でもAmazonでも大人買いを達成。あれはよいものだ。
     
    ■全うに生きたい欲(将来苦労したくない欲)

     -ライフプランの作成

    コメント⇒達成度0%
         これもまだできていない。本年こそ前向きに考えなくてはならない。
       
     -転職の検討


    コメント⇒達成度0%
         こちらもまだ。検討をすることそのものは上記ライフプランの上でも有益だ。
         仕事の状況と関係なく考えることは良いことであろう。

     -保険の勉強をする


    コメント⇒達成度0%
         保険は苦手で…とも言っていられない。
         これもタスク化することで乗り越えていきたい。

     -スケジュールを週の最初に立てて、実行する


    コメント⇒達成度90%
         この習慣が根付いたのは成果だ。
         システムを活用し、一元化する。
         単純なことだが自分にあった方法を見つけることが何より難しいものだ。


     -体調管理
     ・定期的な筋トレ


    コメント⇒達成度70%
         筋トレをしてだいぶ身体も絞れた。
         が、年末年始の暴飲暴食でリバウンドした部分もあるため、
         本年はより気を引き締めないとならない。


     -貯金
     ・現状維持だが、使うべきところに使う、メリハリのある節制

    コメント⇒達成度100%
         年間貯金目標金額達成。 





    【総達成度】70% 

    0
      | つれづれ | comments(0) | posted by curlcord |
      【 スポンサーサイト 】
      0
        | - | - | posted by スポンサードリンク |
        comment




        selected entries
        categories
        archives
        recent comments
        オススメ本&DVDレビュー
        bookmarks
        profile

        RSSリーダーで購読する