狭く屈折あり

<< 昨年度の目標と振り返りと短期的改善 | main | 組織の外 >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | posted by スポンサードリンク |
    【 2013年度の位置づけと目標と対策 】
    本年度もあっという間にすぎ、気づくともう二月になってしまった。

    そしてこの怠惰な生き物であるところの私は、今からしっかりするための目標を、
    スケジュールすらしっかりしてない状態で策定するという、始まる前から矛盾した作業を行うのである。




    さて、私にとって本年はどういう年であろうか?


    全然とっかかりがないので、まず私の年齢からアプローチしてみよう。


    私は、今年

    ・30歳という区切りになる年

    だ。
    そこから考えると、個人的或いは社会一般的には

    ・転職のリミット(に近づく)の年
    ・後1〜2年で将来のことに「責任」を負う年

    と言うことができる。

    とすると、本年は、

    『自分にケジメをつける(道筋を立てる/準備をする)年』


    と位置づけることができるだろう。


    とすると、では今は?


    今の一人暮らし独身の私の生活の位置づけとしては、

    ・一人の時間が多く取れる

     つまり友人と自由に遊ぶことができる
     自由に勉強ができる

    し、

    ・責任が無い

     だから自分の好きな駅にも住めるし、
     一人暮らしで気ままな生活もできるし、
     転職をいつしても自由


    な生活だ。
    自分に対して負う責任以外の何の責任もない。野垂れ死にしてもいい。

    だが、これらは将来いつか「別の生活」に取って代わる。
    代わるべきだと思うし変わるし、変える。


    とすると本年するべきことは何か?どういうモチベーションで過ごすべきか?


    まず、二度と来ないこの状況/この私/この自由/この瞬間の私の立ち位置をまずは噛み締め、感謝し、味わい尽くすべきだ。


    そしてやがてやって来る責任のために、

    ・仕事
    ・保険
    ・資産運用(投資・不動産)
    ・教育(教育学・心理学)

    について今ある「十分な時間」を活用して勉強し、知識を深める必要がある。


    「責任」とはなんだろう?
    責任とは単なる言葉である。
    責任は誰かが「負い」「負われる」ことで初めて人間存在にくっつき、意味を成す。


    つまり意味のある責任とは「責任を負える人」ということになる。


    また、
    行為は責任によって証明されるのではない。
    責任は行為によって証明される。

    これは絶対だ。


    だから僕は<彼>をこう考える。


    『自らの考え、言動、存在にプライドと客観的信念を持ち、計画し、実行し、改善することができる人』

    だと。

    <彼>は、こういう人だ。

    ・抵抗のあることから逃げない

    し、

    ・やりたいことも先送りをしない

    人。


    私が<彼>になるためのステップは単純な2ステップ。


    1. 抵抗のあることから先にマッピングし

    2. やりたいことを先送りをしないでやる



    ことが 肝要だ。



    ということでじゃあ、やろう。



    ■抵抗のあること

    ・親類・友人・会社関係の交通整理

      ⇒2〜4月にかけて
     
    ・必要知識の習得
     ・ライフプラン(FPに相談)
     ・仕事(Webディレクション)
     ・副業(スキル・コネクション)
     ・保険
     ・資産運用(投資・不動産)
     ・教育(教育学・心理学)

     ⇒3〜6月にかけて

    ・身体的健康
     ・膝・歯・肝臓を治す
     ・食生活/筋トレ/運動で身体を作る

     ⇒2月〜4月



    をまず能動的にマッピングし、そして、やる。
    それから、



    ■やりたいこと

    に着手する。

    これには一つ、ルールがある

    「すべての可能性を否定せず、本当に行きたいところに行き、本当にやりたいことをする」

    だ。

    当たり前のように見えるが、私のように時間にも労力にもお金にもケチで生きてきた人間にはこのルールは適用する価値がある。

    その上で、思い立った自己投企が下記。


    ・波照間に行く
    ・ダイビングをする
    ・大島に行く
    ・坐禅を組む
    ・サバゲーをする
    ・尾瀬に行く
    ・長瀞に行く
    ・のんびりする

    ・パンセ読む
    ・哲学をやり直す
    ・本当に興味のある本だけ読む

    ・料理上達する(カレー/鍋/おつまみ)
    ・絵上達する
    ・イラレ使う

    ・動画編集する
    ・作品をつくる

    ・ゾンビになる

    ・インド行く
    ・ニューオリンズに行く
    ・ボルネオ島に行く
    ・トルコ(ウユニ塩湖)に行く
    ・地中海に行く


    一番下は今年は難しそうだが、何時か必ず実現したい。

    人生は一度きり。かつ一瞬。


    時間が…金が…と行っていたらあれやこれやでそのチャンスを失うものだ。


    「やりたいことを今やる。」


    今年は、そのアタリマエのことをアタリマエにこなしていく。





    さあ、20代ともオサラバだ。
    今年は人生で最も輝く、最も楽しい一年にしよう。




    0
      | つれづれ | comments(0) | posted by curlcord |
      【 スポンサーサイト 】
      0
        | - | - | posted by スポンサードリンク |
        comment




        selected entries
        categories
        archives
        recent comments
        オススメ本&DVDレビュー
        bookmarks
        profile

        RSSリーダーで購読する