狭く屈折あり

<< 【 2013年度の目標と振り返り】反省点と評価点について | main | 【 2013年度】自分的 ベスト・オブ・ベストランキング >>
【 スポンサーサイト 】

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | - | posted by スポンサードリンク |
    【 【 2014年度の位置づけと目標】意気込みと、課題、対策について 】

    ■2014年はどういう年になるか?

    ある程度現在予想される私に起こる2014年の主なトピックスは以下の通り、

    ・年齢

     31歳になる

    ・社会的変化

     転職リミットがあと数年になる
     結婚に伴う社会的道義的責任の増加する

    ・身体的変化

     肉体的老化が本格化する

    ・経済的変化

     個人投資を本格化/物件完成?購入完了?する?
     個人事業を本格化/ビジネス規模の拡大する?

    ・個人的重大事項

     4月に結婚式&新婚旅行を実施する
     愛する人と共に、新しい土地で新しい生活を始める

    これを昨年と比較し、要素を抽出してまとめると、以下のような差分があると言える。
     

    ・比較にならないほど変化の量が多い
    ・比較にならないほど変化のスピードが早い
    ・比較にならないほど変化の質が重い
    ・比較にならないほど、人生の濃度が濃くなる


    そんな、1年だ。


    ■2014年をどういう年にしたいか?


    責任と選択主体の所在をわかりやすくするため、上記文章を、客体を主体に変える。
    それは、つまりこういう年にしたいということだ
     

    <私が責任をもって>

    ・今より変化の幅が広い選択をし、

    <私が意識して>

    ・より、選択のスピードを早め、

    <私が勉強して>

    ・より、選択の質を高め、

    <私が楽しんで>

    ・より、人生の濃度を濃くしたい



    という事である。

    上記をより一言でまとめる、
     

    ・今後30年の家族の人生を左右する大きな変化が想像される中、

    ・私は私の発想/提案/行動におけるその選択の全てを、私が責任を持ち、私が意識してスピードを早め、私がきちんと準備・勉強した上で、私(とパートナー)が楽しんで選択し人生の濃度を濃くする1年にする。そして最後に良かったね、と旨い酒を呑める1年にする。


    ということになるだろう。


    ■理想とする状況と今の私との差(課題)は?

    理想と、今の私に足りない部分との差分が課題だ。
    今ただちに理想が達成できない理由は以下の私の欠点だ。

    <私が責任をもって、今より変化の幅が広い選択ができていない理由>

    ・選択前にヒアリングすることで、選択の責任を「人のせい」にする私がいる
    ・無駄なことに時間を使って、選択を「後回し」にする私がいる
    ・人見知りを理由に「直接会って話すこと」を怖がる/嫌いな私がいる


    <私が意識して、より、選択のスピードを早められていない理由>

    ・多用すぎる選択肢の中から失敗するリスクを恐れて「決めきれない」私がいる
    ・勉強に時間をかけすぎて「肝心な決断ができない」私がいる
    ・相手の気持ちを考えすぎて「自分が嫌われないように提案しない」私がいる


    <私が勉強して、より、選択の質を高められていない理由>

    ・SNSやら、TVやらの「無駄な事に時間を使っている」私がいる
    ・勉強/復習/体得までの流れまだ「習慣化していない」私がいる
    ・体調管理が疎かになって「選択する気力が失われている」私がいる


    <私が楽しんで、より、人生の濃度を濃くできていない理由>

    ・お世話になった人への感謝を忘れて「我欲に溺れている」私がいる
    ・哲学的な細かいことに注目/執着して無駄に悩み「人生の幸せを忘れている」私がいる
    ・「選択そのものを楽しい」と思える心の余裕が持てない私がいる



    ■それをクリアするために必要な意識は?

    それぞれの私の心の弱み/課題に対して、絶対的に強い意識/ルールを持って望むことが肝要だ。
    以下に課題と、それに対する新たな意識を列挙する。

    <私が責任をもって、今より変化の幅が広い選択するために>

    ・選択前にヒアリングすることで、選択の責任を「人のせい」にする私
    ・無駄なことに時間を使って、選択を「後回し」にする私
    ・人見知りを理由に「直接会って話すこと」を怖がる/嫌いな私
     

    ⇒ 「選択は常に自分の責任である」と覚悟する
    ⇒ 選択は寧ろ「先に回す」
    ⇒ 話が長引きそうな時は「まずは打ち合わせ」を鉄則にする。



    <私が意識して、より、選択のスピードを早めるために>

    ・多様すぎる選択肢の中から失敗するリスクを恐れて「決めきれない」私
    ・勉強に時間をかけすぎて「肝心な決断ができない」私
    ・相手の気持ちを考えすぎて「自分が嫌われないように提案しない」私
     

    ⇒ 10分で8割の選択を決める
    ⇒ 難しい選択でも、ある程度検討したら、「決める勇気」を持って決める
    ⇒ 「自分を守るために提案しない」事は絶対にしない



    <私が勉強して、より、選択の質を高められていない理由>

    ・SNSやら、TVやらの「無駄な事に時間を使っている」私
    ・勉強/復習/体得までの流れまだ「習慣化していない」私
    ・体調管理が疎かになって「選択する気力が失われている」私
     

    ⇒ TVの線を抜く、SNSを携帯から削除する
    ⇒ ダラダラした時間を意識して排除する
    ⇒ 勉強/復習/体得を習慣化する
    ⇒ 酒は週末のみにして選択する英気をとっておく



    <私が楽しんで、より、人生の濃度を濃くできていない理由>

    ・お世話になった人への感謝を忘れて「我欲に溺れている」私
    ・哲学的な細かいことに注目/執着して無駄に悩み「人生の幸せを忘れている」私
    ・「選択そのものを楽しい」と思える心の余裕が持てない私
     

    ⇒ 我欲に溺れそうになったら、「死」を思い出す。
    ⇒ あらゆる人に感謝する事を忘れない。
    ⇒ 俯瞰的な目で<人生を楽しむ>余裕/時間を持つ
    ⇒ 選択<そのもの>を楽しいと思う。



    ■それをクリアするために必要な習慣/タスクは?

    だが、意識だけでは人間は変わらない。
    大事なのは具体的行為であり、それらの総体である習慣だ。
    そして習慣は主体的なものでなくてはらならない。

    以下、
     

    0.理想に対しての戦略を立て
    1.じっくりとこの先起こるべきこと、やるべきこと、やりたいことを考え
    2.それらの要素をランダムに抜き出し
    3.カテゴリ毎に分けて整理し
    4.優先順位をつけて
    5.タスクに分けて
    6.スケジュールに落とし
    7.手帳に書き込み
    8.実行する

            

    の順番で、さらに以下に列挙する<基本習慣>を週次/月次で見直し、常に修正/更新を実施。
    このことで、タスクの俯瞰化と、着実な目標遂行をするとともに、マイルストーンとする。


    ▼目標クリアのための具体的な習慣とタスク

    ※超古典:スティーブン・R・コヴィー「7つの習慣」をベースに設定
    http://jmatsuzaki.com/archives/3346



    1.自分も相手も良い状態の関係の構築に働きかける        

    ・新しい関係の構築   
        インターネット関係で発展的な人達
        不動産関係で発展的な人達

    ・旧知の関係    
        友人
        伴侶
        家族
        ビジネス関連の人

    2.健康維持                
        
    ・構築            
         筋トレ        
         有酸素運動    
         栄養のある食事 ⇒野菜にチャレンジ    

    ・節制        
         塩/脂/カロリーの節制 ⇒ラーメンの節制    
         酒の節制 ⇒酒は木曜乃至は金曜と土曜日のみ


    3.準備や計画
            
    ・Win-Winの未来の創造            
         ・仕事        
         ・プライベート ⇒結婚式の成功/転居の成功        
         ・副業/投資         
         ;自分の未来像について計画            

        
    4.リーダーシップ
            
    ・家族の舵取り    
    ・リーダーシップについて    

    5.真のレクレーション        
            
    ・週末    
    ・記念日    
    ・楽器    
    ・旅行    
    ・座禅    
    ・選択日記    
    ・ゾンビ    
        
    6.勉強や自己啓発        
            
    ・セミナー    
    ・読書    
    ・投資本
    ・ビジネス本
        ・人生に関する本
        
    7.個人の資質向上        
        
    ・仕事の質見直し    
    ・プライベートの質見直し        
                
    ●減らすべきタスク                

     無駄なメールや電話を減らす            
     ムダな会議や報告書を減らす            
     ムダな付き合いや接待を減らす            
     直接会う機会を増やす            

    ●無くすタスク                

     テレビ            
     酒            
     待ち時間            
     だらだら時間            



    ■まとめ

    人生はきっともっとシンプルで、

    1. 理想の人生/最高の人生を想像し
    2. それと今の人生のレールとの差分を冷静に分析
    3. 理想の人生に少しでも近づける環境に自分を起き続け、選択し続ける


    それだけで、だれもきっと人生はうまくいくはずなのだが、なかなかそうはできていないらしい。
    だがそれに近づこう。やろう。がんばろう。やってみよう。



    以下、結びに私の大好きな言葉2つを引用し肝に銘じて、今年の決意としたい。

     

    『覚悟や信念などというものは人間である限り曖昧極まりない。人間は性分で行動し、行動のみが人間を裏打ちする。

    「真説ザ・ワールド・イズ・マイン」 - 新井英樹

    『繰り返し行うことが、人間の本質であり、美徳は、行為に表われず、習慣に現われる。

    -   アリストテレス

    0
      | つれづれ | comments(0) | posted by curlcord |
      【 スポンサーサイト 】
      0
        | - | - | posted by スポンサードリンク |
        comment




        selected entries
        categories
        archives
        recent comments
        オススメ本&DVDレビュー
        bookmarks
        profile

        RSSリーダーで購読する